レーザーで網膜に直接描画するプロジェクターをメガネ型にしたものですが、今流行のウェアラブル端末としてだけではなく、視覚に障害のある人の補助装置として使えるというのが狙いだそうです。レーザーだから視力によらず画像が鮮明に見えるでしょうし、視野が制限されている人が広い視野情報を得ることができるかもしれませんね。

ロービジョンケアを目指した網膜走査型レーザアイウェアプロトタイプを開発 (東京大学)