周囲360°と上下180°の全方向を一度に撮影できる全天球撮影カメラです。独自の超小型二眼屈曲光学系を採用したとのことで、薄いカメラの表裏に2個のレンズが付いています。1個のレンズが画角180°の魚眼レンズだとしたら、2つの丸い画像が撮れるはずですが、丸い全天球画像が撮れるようです。2個のレンズから光学的に1個のセンサーに結像させているのか、2個の画像を処理して丸くしているのかが気になります。

リコー、撮影者を取り囲む全天球イメージを撮影可能なコンシューマー向けデバイスを発売

何に使うのかと思ったら、グーグル・ストリートビューみたいに好きな方向を見られる画像に加工できるんですね。

作例

Comments closed