太陽光の波長ごとに最適化した3つの光吸収層を重ねた太陽電池セルで変換効率43.5%を達成したとのこと。太陽光を集めるフレネルレンズを設計してみると、非球面にすることで球面収差は無くせますが、色収差は残るので波長ごとのフォーカスがずれてしまいます。3層の積層によってその色収差にも対応しているのでしょう。

シャープ 集光型太陽電池セルで世界最高変換効率43.5%を達成

Comments closed