赤外線で血流を測る加速度脈波計なるものです。脈波というのは血流ではなく、心臓の打つ脈が血管を伝わる波のことで、血管が硬いほど脈波の速度が早くなるそうです。ヘモグロビンが近赤外光を吸収するので、反射光量を測定すると脈による血管の太さの変化が分かり、それによって脈波を測定します。

指先への赤外線照射で血管年齢が計れる、低価格の加速度脈波計を発売 (マイナビニュース)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。