福島第一原発から撒き散らされた放射性物質の除染のために、ガンマ線源を可視化できる装置が開発されました。ガンマ線のエネルギーで核種を判別して色分けした画像を普通のカメラ画像に重ねて表示しています。

見えない放射性物質が見えるようになるカメラ「超広角コンプトンカメラ」実例画像 (Gigazine)

ガンマ線が電子に当たって散乱するコンプトン散乱を検出することでガンマ線のエネルギーと方向が判るそうです。

超広角コンプトンカメラについて  宇宙航空研究開発機構

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。