曲がり角の先のように直接見えない場所の様子をレーザースキャナーで認識する技術です。壁などで乱反射したレーザーパルスが物体に反射して、また戻ってくるまでの時間を計測することによって、物体の形状を捉えています。光が0.6ミリ進む時間を判別できるのはすごいですね。

角を曲がった先を撮影できるカメラ、MIT研究者が開発 (engadget)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。