紫外線吸収剤の吸収波長や吸収量を分子設計によって制御する技術が開発されたそうです。紫外線は物質を劣化させたり、照明光が青くなりすぎたりと色々な害があるので、吸収剤の用途も色々あるのでしょう。

富士フイルム、UVの吸収制御する技術実用化-波長・量、分子設計変更で実現 (日刊工業新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。