福島第一原発の事故対応に投入されて立往生したロボットの後継機が製作されました。建屋内の状況を把握するために、3次元レーザースキャナが搭載されています。ロボットが周囲の状況を把握するシステムは、従来の画像認識ではなくレーザースキャナを使うことが多くなったようです。

原子炉建屋撮影し未回収のロボ、後継2台投入へ (YOMIURI ONLINE)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。