焦点距離の異なるレンズで、人の顔が同じ大きさになるように撮影して写真を比べると、135mmのレンズが一番良かったという話です。たしかに、焦点距離が短い広角レンズだと顔が歪んでいるし、焦点距離の長い望遠レンズだと平板に写っていて面白いですね。

ただし、この実験は顔を画面一杯に捉えているので、撮影距離が近すぎて広角レンズでは不利な条件です。昔から、業界ではポートレイトに最適なレンズは85mmとされてきましたが、それは上半身くらいを写すのが前提なので、この実験より被写体の人物から離れて撮ることになります。やはり普通のポートレイト撮影では50~85mmくらいが最適なのではないでしょうか。また、この焦点距離は35ミリフィルムサイズ撮像素子の話で、他のサイズの撮像素子の場合は焦点距離の数値が変わります。

最高の焦点距離は135mm! カメラレンズの焦点距離によって被写体の美しさが変わることが判明 (Pouch)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。