鮮明なスローモーションの映像を撮るには高価なハイスピード・ビデオカメラが必要ですが、秒60コマの動画から秒4000コマの動画を製作できるツールがあるそうです。元の映像のコマの間を補完するCG画像を作るわけですね。

高価なカメラが無くても、美しいスーパースロー映像は可能です (GIZMODO)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。