寿命37年のLEDライト

27. 12月 2011 · 光学レンズ設計製作

放熱を工夫することでLEDの寿命を37年まで長くしたLEDライトです。LED器具は放熱が肝心です。開発したのは掃除機で有名なジェイムズ・ダイソン氏の息子さんだそうですが、860ドルはちょっとお高いですね。

ダイソン(の息子)製、37年間照らし続けるLEDランプが登場 (GIZMODO)

センサーサイズと画質の関係

26. 12月 2011 · 光学レンズ設計製作

サイズの違う撮像素子で撮った画像の比較です。概ね、センサーが大きいほど解像感が良く、バックが良くボケて、低輝度に強いという当然の結果ですが、赤いギターを写した写真を見ると、カメラによって色が全然違うことが分かります。これはセンサーサイズだけの問題ではなさそうです。

センサーサイズと画質の関係・2011年版 (デジカメWatch)

レーザーで侵入者を感知する防犯センサー

24. 12月 2011 · 光学レンズ設計製作

赤いレーザー光で侵入者を感知する防犯装置の玩具です。昔からアクション映画によく出てくるシステムがこんなに安くできる時代になりました。アメリカの玩具は結構ハイテクなのがありますね。

侵入者をレーザーで感知 お宝を守る防犯センサー (ITmedia)

iPhoneで360度パノラマが撮れるレンズ

23. 12月 2011 · 光学レンズ設計製作

iPhone用に全周パノラマが撮れるレンズを開発中のベンチャー企業があるそうです。カメラレンズの正面ではなく周囲の360°の画像が撮れるレンズで、景色を撮るにはレンズを上に向けるわけですね。当社の工業用内視鏡PO-HS1も周囲360°の画像が撮れますが、違ったタイプの光学設計のようです。

iPhoneで360度パノラマ映像が撮れる小型レンズ「Dot」 (ねとらぼ)

曇っても蓄熱で発電できる太陽熱発電所

22. 12月 2011 · 光学レンズ設計製作

反射鏡で太陽光を集光する太陽熱発電です。太陽電池による発電は日照次第ですが、この発電所は日が陰っても蓄熱で発電を続けられるそうです。

太陽光発電のエリート! (GIZMODO)

人物写真に最適なレンズの焦点距離

21. 12月 2011 · 光学レンズ設計製作

焦点距離の異なるレンズで、人の顔が同じ大きさになるように撮影して写真を比べると、135mmのレンズが一番良かったという話です。たしかに、焦点距離が短い広角レンズだと顔が歪んでいるし、焦点距離の長い望遠レンズだと平板に写っていて面白いですね。

ただし、この実験は顔を画面一杯に捉えているので、撮影距離が近すぎて広角レンズでは不利な条件です。昔から、業界ではポートレイトに最適なレンズは85mmとされてきましたが、それは上半身くらいを写すのが前提なので、この実験より被写体の人物から離れて撮ることになります。やはり普通のポートレイト撮影では50~85mmくらいが最適なのではないでしょうか。また、この焦点距離は35ミリフィルムサイズ撮像素子の話で、他のサイズの撮像素子の場合は焦点距離の数値が変わります。

最高の焦点距離は135mm! カメラレンズの焦点距離によって被写体の美しさが変わることが判明 (Pouch)

小物撮影用の卓上スタジオ

20. 12月 2011 · 光学レンズ設計製作

小物の写真を撮るときに照明光を和らげるための半透明の箱です。小物を撮影する場合、濃い影や光の反射が出ないようにするのには照明のテクニックが必要ですが、これなら簡単にうまく撮れそうです。スマートフォンやコンパクト・デジカメを載せるスタンドも兼ねているので、手ぶれ防止にもなって一石二鳥ですね。

スマートフォンで“ブツ撮り”できる小型スタジオ「STEADY STAND」 (IT media ガジェット)

花火プロジェクタ

19. 12月 2011 · 光学レンズ設計製作

花火の画像を壁に投影して楽しむオモチャです。ただ花火の画像を写すだけではなく、拡大・縮小したり、最後に暗くなったりするそうです。投影画像のサイズが変わるのは、レンズを動かしてズームするように光学設計されているのでしょうか。音も出るし、花火の絵柄も変えられます。凝っていますね。

バズーカ感覚で打ち上げが楽しめる花火プロジェクター「どこでも花火バズーカ」が発売 (STRAIGHT Press)

光の進行を撮影できるカメラ

17. 12月 2011 · 光学レンズ設計製作

フェムト(10^-15)秒レーザーとピコ(10^-12)秒の感度を持つセンサーを使って製作した装置で、光が進行する様子を撮影できたそうです。すごいですね。

しかし、ここまで高精度な話になると、手前のトマトと後ろの壁に当たった光がセンサーに到達する時間は同じでは無く、光の波面形状は正しく写っていないことになりますね。

1秒「1兆フレーム」で光の進行をとらえるカメラ (WIRED)

3D測量器

16. 12月 2011 · 光学レンズ設計製作

レーザーでスキャンする3次元測量器ですが、機械設備や大型部品などの形状も3Dデータ化できるそうです。

FARO 3DレーザースキャナーFocus3D

どの携帯電話にも付けられるマクロレンズ

14. 12月 2011 · 光学レンズ設計製作

マクロ・コンバーターレンズがゴムバンドに仕込んであって、どの携帯電話にでも付けられる製品です。ケータイの形によっては、レンズがズレたり傾いたりする場合もありそうです。それだけアバウトな取り付けでは光学性能は期待できません。最近、マクロ撮影用のカメラやコンバーターがいろいろ出ていますね。細部を良く見るのがはやっているのでしょうか。

どの携帯でも使える「輪ゴム式マクロレンズ」 (WIRED)

化粧肌の表面形状と色を測定する装置

13. 12月 2011 · 光学レンズ設計製作

化粧の仕上がりを調べるために、肌表面の凹凸と内部からの分光反射率を測定する装置が開発されたそうです。可視光による光断層撮影という技術のようです。美容の分野にはいろいろな光学技術が利用されていますね。

花王 女性の化粧肌を解析する光学測定装置を新たに開発

空中の3D画像を触って動かせる技術

12. 12月 2011 · 光学レンズ設計製作

霧を焚いたスペースにレーザーで映像を投影し、それを触る指の動きを赤外線カメラで検出するシステムです。空中像を触るというのは取っ掛かりが無くて、やりにくそうな気もします。

ロシア企業、仮想世界を触って動かせる技術を開発 (Slashdot)