虹と色の順序が逆の副虹はたまに見ることができますが、3次、4次の虹もあるんですね。光学設計的に考えると、雨粒というレンズに太陽光が出入りするときに色が分かれ、雨粒の内面で光が反射するたびに色の順序が逆転します。普通の虹が太陽を背にした方向に見えるのに対して、3次虹、4次虹は太陽側に見えるそうです。逆光なので写真に撮るのは難しい条件ですが、ちゃんと写っていますね。

初の撮影成功、4次虹の条件解明 (ナショナルジオグラフィック ニュース)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。