グーグルグラスの新型の情報が出てきました。噂どおり業務用のようです。光学径は初代と変わらず、ハーフミラーの仕込まれたプリズムを使った透過型ディスプレイですね。プリズムが大きくなったそうなので、表示の視野角は前より広いのでしょう。記事によると、1年遅れて一般向けも発表される見込みとのこと。

【engadget】 新型 Google Glass の写真初公開。折畳み式&プリズム大型化、防水防塵の業務向け

レーザーで網膜に直接描画するプロジェクターをメガネ型にしたものですが、今流行のウェアラブル端末としてだけではなく、視覚に障害のある人の補助装置として使えるというのが狙いだそうです。レーザーだから視力によらず画像が鮮明に見えるでしょうし、視野が制限されている人が広い視野情報を得ることができるかもしれませんね。

ロービジョンケアを目指した網膜走査型レーザアイウェアプロトタイプを開発 (東京大学)

ソニーがメガネ型のウェアラブル端末「SmartEyeglass」をアプリ開発者向けに発売するとのこと。緑単色のホログラムで、明るく低消費電力だそうです。メガネ型なので、メガネ使用者には使えないように思われます。

ソニー、メガネ型ウェアラブル端末「SmartEyeglass」の開発者向けモデルを3月10日に発売 (Internet watch)

液晶モニタを省いた円筒形のカメラというのは既にソニーも出していますが、オリンパスがマイクロフォーサーズ規格のレンズ交換式カメラを発表しました。モニタとしてスマホを取付けるホルダを作るための3Dデータや、カメラの制御アプリを作るための開発キットを公開して、オープンなカメラ規格にしようとしています。

オリンパス、スマホと楽しむレンズ交換式小型カメラ「OLYMPUS AIR A01」 (マイナビニュース)

マイクロソフトがシースルー型ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」を発表しました。ホログラムを使って現実の視野に表示を重ねているようですが、マイクロソフトは光学的な仕組みは公開していないそうです。PCの外部ディスプレイではなく、プロセッサも内蔵しているとのこと。

【GIZMODO】 マイクロソフト、ホログラム型VRゴーグル「Hololens」を発表

レンズを使わない顕微鏡でガン細胞の検出に成功したそうです。レーザースキャニングかと思ったら、光源はLEDでもできるということなので、イメージセンサーにサンプルをぴったり付けて日光写真のように影を撮影するのでしょう。それでもセンサーとサンプルは少し離れているので、光源の位置を変えて複数回撮影し、画像処理するのではないでしょうか。

【EETimes】 米大学がレンズ不要の顕微鏡を開発、がん細胞の検出に成功

ソニーがレーザースキャン方式のピコプロジェクターを開発したそうです。レーザーのいいところは投影距離によらずピントが合うところで、フォーカスが不要になります。スクリーンに対する投影角度も自由になりますね。

【ソニー】 高精細なHD解像度でフォーカスフリーの映像投影が可能なピコプロジェクターモジュールを開発

周囲360°と上下180°の全方向を一度に撮影できる全天球撮影カメラです。独自の超小型二眼屈曲光学系を採用したとのことで、薄いカメラの表裏に2個のレンズが付いています。1個のレンズが画角180°の魚眼レンズだとしたら、2つの丸い画像が撮れるはずですが、丸い全天球画像が撮れるようです。2個のレンズから光学的に1個のセンサーに結像させているのか、2個の画像を処理して丸くしているのかが気になります。

リコー、撮影者を取り囲む全天球イメージを撮影可能なコンシューマー向けデバイスを発売

何に使うのかと思ったら、グーグル・ストリートビューみたいに好きな方向を見られる画像に加工できるんですね。

普通の視野と3倍の望遠に切換えができるコンタクトレンズが開発されました。瞳の中央部は普通の視野で、周辺部がリング状の反射望遠レンズになっています。ではどうやってそれを切換えるのかというと、3D映画を見るときのような偏光メガネを使うのだそうです。つまりコンタクトレンズと偏光メガネの両方が必要なわけですね。それなら望遠切換えメガネの方が良いような気もします。

世界初! 倍率切替可能な「望遠コンタクトレンズ」 (Wired)

ベル研究所がレンズレス・カメラというのを開発しました。要するにピンホール・カメラですが、撮像素子が1画素というところが画期的です。1画素でどうやって写真が撮れるのかというと、液晶パネルでピンホールの位置をいろいろ変えて何回も撮影するのです。それも、1個のピンホールの位置を縦横にスキャンするというのではなく、複数の開口でランダムなパターンを作って何度も撮影し、そのデータを解析して画像にするというものです。

ここまでだと何が良いのか判りませんが、1画素ならX線からテラヘルツ光まで捉える素子を作ることもできるというのが、この研究の狙いのようです。

ベル研究所、レンズのない1画素カメラ実現 (Gizmodo)

植物は元気なほど近赤外光を多く反射するので、近赤外の感度のあるカメラで撮影すると、植物の健康状態が分かります。普通のカメラには赤外線をカットするフィルタが付いていますが、それ可視光をカットするフィルタに交換すると、赤外カメラになります。安価な赤外カメラを製品化して、身の回りの植物の状態を調べようというクラウドファンディング・プロジェクトです。

KickstarterプロジェクトのInfragramは、植物を〈違う光〉で見るカメラ (TechCrunch)

あらゆる度数や乱視にも1種類で対応できるピンホール式のコンタクトレンズが開発中だそうです。カメラの絞りを絞り込むと、遠近どこでもピントが合うというのと同じことですね。絞りを絞ると暗くなってしまうので、夜に使えるかどうかが問題だと思われます。試作品の写真をよく見ると中央のピンホール以外にも小さい穴がたくさん開けてあり、この部分で明るさを多少確保しようとしているのかもしれません。その光はボケているはずですが、ボケと明るさのバランスをとろうということでしょうか。

「度数を持たないピンホールコンタクトレンズ」がNEDOの助成事業に採択 SankeiBiz

マイクロソフトのゲーム機XBoxのセンサーである「キネクト」の新型が発表されました。従来よりもセンサーの精度が上がり、プレイヤーの動作だけではなく、表情や心拍まで認識できるようになったそうです。旧型はレーザーでドットパターンを投影して画像処理で奥行きを認識していましたが、新型はレーザーが対象に反射して戻ってくるまでの時間を測る Time Of Flight という方式です。心拍は可視光と赤外のカメラで血流の変化を捉えることで推定しているとのことです。このセンサーはゲーム以外にもいろいろなことに使えそうですね。

Xbox Oneの新Kinectは大幅進化、表情や心拍も認識 (Engadget)